Approach

エムアンドシーの取り組み

エムアンドシーでは官公庁及びドローン研究者と共に自動飛行に向けた研究開発や実証実験を行なっております。
過疎化が進んだ地域への食料、医薬品の配送や災害時の状況把握、救助支援などドローンは様々な障害を突破する可能性を秘めており、正しく活用することによってドローンの持つ可能性を最大限引き出し人々の生活がより豊かになると確信しています。

官公庁と共同で行う実証実験

官公庁、地方自治体と共同で過疎化が進んだ地域への物資配送の実証実験を行なっています。
自動飛行での物資の配送には様々な障害がありますが飛行ルートの検証、確認や住民の安全管理など細心の注意を払いながら実験を行なっております。
また地域の観光業をPRする為に、観光地の空撮や花火の撮影などもドローンを活用して行なっています。
実証実験の様子は当ホームページにて公開していますので是非ご覧ください。

ドローン研究者と共同で行うシステム開発

自動飛行の実現へ向けドローン研究者と共同でシステム開発を行い、人々の生活がより豊かになる活動をしております。
ドローンを活用した各産業への効果は絶大で、土木・建設業、農業、輸送業、測量など数え出したらキリがないほどの業界で革新的なサービスが展開でき、コストカットの面でも多大な効果を発揮します。
ドローンは近年非常に注目されている産業でもありますし、今後航空法が緩和されれば車が空を飛ぶ未来の実現も近いかもしれません。